スポンサー広告

    スポンサーサイト

     ←以蔵、苦労す-3- →以蔵、苦労す-5-
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【以蔵、苦労す-3-】へ  【以蔵、苦労す-5-】へ
    • TB(-)|
    • CO(-) 
    • Edit

    「幕恋-etc.-」
    以蔵、苦労す

    以蔵、苦労す-4-

     ←以蔵、苦労す-3- →以蔵、苦労す-5-
    6.

     とにかく、せっかくの大福をなんとかしなければ。
     龍馬と中岡もいることだし、お茶にでもするか。
     食べているうちに、以蔵も帰ってくるだろう。

     部屋に戻った未夜さんに声をかける。
    「未夜さん、君が買ってきてくれた大福を皆で食べませんか」
    「あ、はい! ちょっと待ってください! 今、散らかっていて……」
     ばたばたと物を片付ける気配がした後、襖が開いた。
     ふたの開いた裁縫道具が部屋の隅に押しやられていて、針山には赤い糸の通った針が刺さっている。
    「すまない。何か取り込み中だったかな……縫い物かい?」
    「え、えへへ……ちょっと……」
     
    「以蔵に……ですか」
     ため息と共に、うっかり声に出してしまった。
    「え、なんでですか?」
     予想通り、うろたえた答えが返ってくる。本当に、解りやすい。
    「近頃、仲が良いようだから」
    「だ、誰と誰がですかっ。そ、そんなんじゃないですっ。あっ、大福食べるならお茶淹れてきますねっ」
     慌てて話を逸らすように、彼女はぱたぱたと出ていった。

     裁縫箱の下段から、赤い端切れのようなものが挟まっているのが見える。
     慌ててそこに隠したのだろうか。
     お守り袋か何かだな。

     ふう……
     誰も居なくなった部屋で、もう一度大きくため息をつく。
     
     ―――何をやっているんだ。僕は。

     これではまるで、僕が嫉妬しているみたいではないか……。
     (嫉妬? 誰に、だ……)

     皆が集まり、大福を食べ終わろうかという頃になっても、以蔵はなかなか戻らなかった。
    「以蔵……遅いなぁ」
     未夜さんがそわそわと、入り口の方を気にしている。
    「何処行ったんですかね。以蔵くんの分なくなっちゃうっスよ」
    「なんちゃあない。以蔵の分はわしがしっかり味おうてやるき」
     龍馬がにしし笑いをしながら、容赦なく最後のひとつに手をかけた時、以蔵が戻る気配があった。

    「あっ、以蔵~。おかえりっ」
     部屋を飛び出すように迎えに出た未夜さんの声が、ここまで聞こえる。
    「姉さん、以蔵くんを待ちわびてたみたいっスねぇ……」
    「仲がええのは毎度のことじゃが、今のはちくとこう……妬けるのう」
     龍馬と中岡にもわかるらしい。

    「あのふたりは、秘密を分け合う仲らしいからな」
     しまった。いらぬ事を……。
    「なんと! ふたりはいつのまにそんな仲に……」
    「やっぱり、以蔵くんの大福は無しでいいっスね!」
     中岡の言葉と同時に、龍馬はほぼ一口で、最後の塩豆大福をたいらげた。




    7.

     未夜さんはそのまま部屋に戻ったらしく、以蔵だけが入ってくる。
    「先生、ただいま戻りました」
    「以蔵。僕の言いつけを未夜さんに押し付けて、どこをほっつき歩いていた」
    「それは……申し訳ありません!」
    「何処へ行っていたのか聞いている。それとも詫びねばならない場所か」
    「い、いえ、決してそんなことは……」
     しどろもどろになりながらも、以蔵はいい訳をせず、ただ「申し訳ありません」と頭を下げ続ける。
     けれども今は、そんな以蔵の美点がかえって癪に障った。

     わかっている。これは、八つ当たりだ。
     そもそも、大福を買って来いなどと云ったのもたいした用ではない。

    「わ、わしらも、部屋に戻るとするかの……」
    「そ、そうっスね……武市さん、ご馳走様でした……っス……」
     僕の剣幕を読んだふたりが、そろりと部屋を出ようとした時、未夜さんが戻ってきた。

    「以蔵~っ。出来たよっ。あっ、武市さん、ちょっと以蔵借りますねっ」
    「わっ! なんだお前、いきなり……着物を引っ張るな! 伸びるっ」
     襖をあけるなり、未夜さんは面食らったままの以蔵を引っ張って行ってしまった。
     
    「未夜さん、僕はこれから以蔵に話が……聞いてない、ようですね」

     あっという間のことで、僕はあんぐりと口をあけ、動作が止まってしまった。
     なにを、そんなに怒っていたんだったか。すっかり忘れるほどに。
     根は活発な、龍馬に言わせればはちきんな女子だと思ってはいたが、以蔵もかたなしだな……。

    「ふ……本当に、にぎやかな元気な、それでいて優しい娘だ」
     思わず笑いがこみ上げた。

    「すごい……武市さんの説教を中断させてしまったっス」
    「たいしたもんじゃ。わしの時にも、ああやって助けてもらえんかの」
     龍馬も中岡も、あっけにとられながら、それぞれの部屋に戻っていった。

     ひとりになったと思ったら、廊下がまたばたばたと再び騒がしくなった。
    「ほら、以蔵。恥ずかしがってないで、ちゃんと渡さないと!」
    「分かっている! そうせかすな! 押すな!」
     未夜さんに背中をぐいぐい押されながら、以蔵が部屋に入ってきた。

    「先生! こ、これをお受取り下さい!」
     深々とお辞儀をしながら、以蔵は小さな赤い袋を両手で持って僕に差し出した。
     緊張しているのか、手の先が震えている。

    「おや、この袋は……」
     確か、未夜さんの部屋で見た……お守り袋かと思ったが。
    「以蔵が武市さんにプレゼント……贈り物をするっていうから、ラッピングしてみたんです。だって、せっかくのクリスマスだし」
     説明してくれる未夜さんは、とても嬉しそうにはしゃいでいる。
     彼女の楽しそうな顔をみるだけでも、こちらも気分が高揚してくるようだが、しかし。
     云っていることの半分くらいもわからない。
     わからないが、彼女にとってはとても楽しい祭りなのだろう。
     
    「らっぴんぐ? くりす……ます?」

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【以蔵、苦労す-3-】へ  【以蔵、苦労す-5-】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【以蔵、苦労す-3-】へ
    • 【以蔵、苦労す-5-】へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。