スポンサー広告

    スポンサーサイト

     ←風√終わったら、色々開通してた日の総司くん1 →薫る春・・・まえがき
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【風√終わったら、色々開通してた日の総司くん1】へ  【薫る春・・・まえがき】へ
    • TB(-)|
    • CO(-) 
    • Edit

    「幕恋-沖田総司-」
    風√終わったら、色々開通してた日の総司くん

    風√終わったら、色々開通してた日の総司くん2

     ←風√終わったら、色々開通してた日の総司くん1 →薫る春・・・まえがき
    きっとまた逢いましょう

    「ああ~、ごっほん!」

     いつの間にか目の前に、偉そうな咳払いをする御仁が現れた。
    「そこの小娘と小僧。他人の√で何をいちゃいちゃとしている」
     ああ、桂さんるーとだと、この辺りでこの人も登場するんだったな……

    「おっ、大久保さん?」
    「『おっ、大久保さん?』ではない。小娘、まったく、こんなところでいつまでもぐずぐずとしおって。とっと中岡君√を終わらせて、私の√に来るはずではなかったのか」
    「そうだった! 大久保さんルート、リーチかかってましたねっ」

    「と、いうことだ、小僧。小娘は私の√が終わるまで、当分君のところには戻れまい。まぁせいぜい、私との干菓子の奪い合いにでも登場するがいい」
     そうか……、この人のるーと、昨日開通したんだっけ。
     と、いうことは、平助くんるーとも……当然やるんだろうなぁ……

    「そんな忘れてたようなおじさんるーと、そのままにしちゃえばいいのに……」
    「小僧。今の独り言、がっつり口に出していたぞ……」
    「すみません、わざとです(にこっ」
    「全く、可愛げのない……」
    「僕が可愛いと云われて嬉しいのは、土方さんと近藤さんだけです」
    「私とて、小僧に可愛いなどと云う趣味はない。まぁ、小娘にもめったに云ってやらんがな」
    「ほんとに……このおじさんは、」
    「まったく……この小僧は、」
    「「ああ云えば、こう云う!」」

     …………。
     このおじさん、けっこう口がたつな。このままやると夜になりそうだ。
     やり続けると、隣のお姉桂さんも「えいちぴー」復活してきそうだし、ニ対一になったら分が悪いなぁ……。

    「あ、あのっ! ふたりとも! そろそろわたし、いかないとっ」
     話がそれてきたのが気になったのか、未夜が慌てて立ち上がった。
     ないす! 未夜! それでこそ僕の嫁!(あ、きゃら間違った)
    「大久保さん! この後、わたしを連れて行ってくれるはずでしたよねっ!『ストーリー上』はっ」
    「あ、ああ、そんな気もするな。と、とにかく小僧。この娘は見てのとおり……には今更見えないだろうが、薩摩藩ゆかりの者だ。このまま連れて行くぞ」
     なんだか、大変そうだね、未夜。いったいあと何人のるーと残ってるのさ。
     そうか、僕のるーとばかりるーぷしてたから、苦労させてるんだね。ごめんよ、未夜。

     ふにっ!
     
     ふに……?

     突然、未夜が僕のほっぺをつまんだ。
    「落ち込まない約束だったよ、総司くんっ」
    「ほ、ほぅれひら……は、はなひへ……」
    「やった。やっと総司くんのほっぺつまめたっ」
     未夜、それ、僕のるーとの時からずっと狙ってたのかい……
    「やられちゃったな。この借りは、僕のるーとに戻ってきたらちゃんと返すよ」
    「うん! その時まで、これ読んで待っててねっ!」
     未夜は、僕に一冊の本のようなものを渡して、大久保さんに連れられて行った。
     
     なんだろう……

       『やさしい英会話』

    「……I want to kiss you……月るーとまで待てないよ、未夜……」
    「ふふっ……」

     隣で、ずっと黙っていたその人が笑った。
    「お互い、切ないねぇ」
    「ですねぇ……」
    「まぁ、この後、私のルートが終われば、彼女は晋作のところへ来るだろうから……」
     その人は、柔らかな笑顔を崩さないまま云う。
    「楽しみですよ、ええ、色々と。例えば食事の用意とか」
     ああ、この、思い切り何か企んでる顔。
     この人とは、変なところで気が合いそうだ。
    「僕も、彼女が平助くんのところに来る日が楽しみです。特に、稽古の時間とか」

     
     新るーと。本当に、楽しみだねぇ♪

         ―――END―――







    あとがき


     ま、まぁ・・・
     沖田さんの風√に打ちのめされた人は、ちょっとなごんでください・・・ってことで・・・



     えっと・・・逃げます
     |彡サッ


             有門ゆら
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【風√終わったら、色々開通してた日の総司くん1】へ  【薫る春・・・まえがき】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【風√終わったら、色々開通してた日の総司くん1】へ
    • 【薫る春・・・まえがき】へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。