スポンサー広告

    スポンサーサイト

     ←密室1 →密室3
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【密室1】へ  【密室3】へ
    • TB(-)|
    • CO(-) 
    • Edit

    「幕恋-沖田総司-」
    密室

    密室2

     ←密室1 →密室3
    沖田Side

     最近は、土佐の坂本さんたちの動きが活発で、僕たちは非番も返上して捜査に駆り出される。
     毎日、街のどこかで、岡田か、中岡を発見したと、報告が入るけど、どうもその目的がはっきりしない。
     人斬り以蔵を囮に動かして、裏で坂本さんか武市さんが何かやってるはずだと、土方さんは云うんだけど。
     調査の成果が、ちいさな風車ひとつなんて。
     子供の落し物でも探してやったほうがましだよ、まったく。

     だけど、僕の気が、正直そっちに向いてないことは認めるよ。
     今日も見廻りに少し手古摺って、帰りが随分遅くなってしまった。

     彼女の具合、どうだろう。
     熱が上がったりしてないかな。
     ひとりで心細い想いをしてるに違いない。はやく帰ってあげないと。

    「そういえば、最近、見かけなくなったな」
     帰り道、土方さんが僕に話しかけてくる。
    「ん? 何がですか」
    「珍妙だよ。どうしてるんだろうな。悪い風邪が流行ってるらしいからな。元気にしてりゃいいが」

     何を云ってるんだか。彼女なら、離れにいるじゃありませんか。
     倒れてたから、助け起こしたらひどい熱で。
     僕が連れて帰ったんです。
     ああ、そうか。

     ―――誰にも、話してませんでしたね。

    「相変わらず、優しいですね。土方さんは」

     にっこりと笑う僕を、土方さんは一瞬不思議そうに見る。

    「なんだ。お前こそ珍妙にえらくご執心だったじゃねえか。あっさりしたもんだな」

     そんなことないですよ。
     毎日、毎日、彼女はちっとも良くならなくて、こんなに心配しているのに。
     ああ、はやく帰ってあげないと。

    「あ、この店まだ開いてる。僕、ちょっと寄ってから帰りますね」
    「また甘味か。ほどほどにしとけよ」
     あきれ顔で僕を見て、土方さんは先に帰っていった。

     甘いものなら、少しは口にできるかな。
     毎日、葛湯じゃ流石に飽きちゃうよね。

    「すみません、橙糖珠、まだありますか」
     暖簾をくぐって奥の店主に声をかける。
    「すんまへん。うちは新撰組さんのお口に合うようなもんは……」
     浅葱の隊服を見て怪訝そうな声を出した店主は、僕だと気付くなり表情を明るくした。
    「なんや、沖田はんやおまへんかいな。橙糖珠、すぐお持ちしますよって……」

     京の数ある菓子司のうちでも、ここはかなりの老舗だけあって、客を相当選ぶ。
     新撰組(うち)がどう思われてるか、よくわかる瞬間だね。
     一番隊の連中だけでも、普段の態度を改めさせないとまずいな……。

    「すみません、隊服で出入りしないようには気をつけてたんですけど、今日は緊急で……」
    「いやいや、こちらこそえらい失礼なこと言うてしもうて。堪忍しとくれやす。……どなたか風邪でもお召しでっか」
    「ええ、なかなか食欲が戻らないみたいで。ちょうどこのあたりを通ったら、こちらの橙糖珠を思い出したんです」
     橙糖珠は、金柑の蜜漬けをすり蜜で固めたような菓子で、本来は気取ったお茶席なんかで出されるものだ。
     僕がこれを時々買い求めるのは、別の理由からなんだけど。
     土方さんの薬よりは効き目があって、味は一流っていう、僕なりの喉の特効薬。
     彼女にも、効くといいな。

    「お風邪やったら、これを持ってったげておくれやす」
     店主が、先ほどの無礼のわびだと云って、別の菓子をいっしょに出してくれた。
    「わぁ、彼女、きっと喜びます」
    「やっぱり、お相手は女子はんどしたなぁ。今年の最初の夏柑糖やよって、よう宣伝しといておくれやす」
     ……ここの店主には、かなわないな。
     極一部の常連さんにしか出さないという噂の夏菓子を、有り難くいただいて、僕は店を出た。

     思わぬ土産は出来たけど、かなり遅くなってしまった。
     とっくに薬が切れて、目が覚めてる頃だね。
     急いで帰ってあげないと。

     誰もいなくて、日の暮れた部屋は、寂しくて……きっと、怖いから。

     急いでいたはずの足が、はたと止まる。
     このまま、僕が帰らなかったら、未夜……

     君は、『寂しい』と云ってくれる?





    未夜Side

     目が覚めると、お部屋は真っ暗で、沖田さんはまだ帰ってこない。
     この時代にやってきて、未だに、わたしは夜の暗さには慣れることが出来ない。
     窓から僅かに、月の灯りは差し込むけど、ぼんやりと暗がりが見えるのは余計にこわい。

     行灯はあった気はするけど、自分の部屋じゃないから、どこに何があるかわからない。
     仕方なく、お布団に潜り込んでじっと目を閉じる。
     薬でいままで眠ってたから、目が冴えてしまって、眠ることもなかなか出来ない。

     部屋の中も外も、しんと静かで、時々聞こえる風の音が不気味にきこえて……
     こんな時でも、咳は出始める。
     コン…コンッ……コホッ……

     苦しいよ、怖いよ……

     『カタカタ……』

     やだ……今の音、何?

    「お、沖田…さん……?」
     返事はない。
     掠れた声しか出なかったから、聴こえなかったのかもしれないけど……。

     カタン……、
     入り口の扉が開いて、しばらくすると襖の向こうに人の気配がした。
     沖田さん……、だよね。


     お布団から、顔だけのぞかせて、襖のほうを見る。
     すぃと、静かに襖が開いて、そこに立っている人の、眼だけが光って見えた。

     その眼に、射竦められた気がして、背中にぞわっと悪寒が走る。
     わたしは声も出せないまま、その人をただ見ていた。
     金縛りにあったみたいに、身体が動かない。
     それは一瞬のはずなのに、とてもながい時間に感じた。

    「ごめん、すっかり遅くなってしまって。……驚かせちゃったね」
     声を聞いて、やっと安心する。
     ああ、やっぱり沖田さんだった。
     安心したら、すっかり力が抜けて、思わず涙が出た。
    「……そんなに、驚かせたかな?」
     ともしてもらった灯りのなかで、彼がすまなそうにこっちを見ている。


     なんだろう。ここにいるのが沖田さんだとわかって、すごく安心したのに。
     安心したはずなのに。震えが止まらない。

    「熱、少しは下がったかな」
     額に手をおいてもらった時、わたしはおふとんからはい出して、彼の膝にしがみついた。
    「震えてるの? 寒い?」
     抱き起こしてもらって、肩や背中をさすってもらっているうちに、やっと、震えがとまる。

     そうか、わたし、今までこんなにながい間、暗い場所でひとりになったことないんだ。
     独りで真っ暗なところにいるのが、こんなに怖いなんて。

     今までも、ひとりで迷子になったりしたけど、寺田屋の誰かがすぐに見つけてくれた。
     ひとりでお留守番してることもあったけど、暗くなるころには誰かが戻ってきた。

     寺田屋のみんな、心配してるだろうな。
     早くよくなって、帰らなきゃ……。


     《続く》
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ 3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
    総もくじ  3kaku_s_L.png Coyote-幕恋 沖田 風√ 捏造-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-沖田総司-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-中岡慎太郎-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋ー武市半平太-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 幕恋-etc.-
    総もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
    もくじ  3kaku_s_L.png PRIUS
    もくじ  3kaku_s_L.png キリエ君の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 塔の語り部
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png お知らせなど
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    【密室1】へ  【密室3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【密室1】へ
    • 【密室3】へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。